リサイクルトナーとは

 

リサイクルトナーとは再生トナーとよばれています。コピー機やレーザープリンターで使用されたトナーカートリッジを回収し、トナー(中に入っている粉)を入れて販売しています。そのため正確にはリユース(再生)されるのは、カートリッジの方で、消耗されるトナーは新品が使用されています。ここであえてリユースと記したのは、リサイクルというのは資源再生、再資源化、再生利用のことであるということです。使用限界を超えたトナーカートリッジがリサイクルにされるために、リユースと説明させていただきました。エコや環境問題が騒がれている現在においては、開発メーカーとしてもこの名前をつけた方が消費者に理解されやすいと判断したのであろうと推測できます。 このリサイクルトナーですが、最大のセールスポイントは価格にあります。トナーカートリッジは回収して使用していますので、消耗品の交換だけとコスト面に優れているのが特徴です。トナーを使用する機器はコピー機とレーザープリンターですが、どちらも事務などで使用します。個人で使用している方もいらっしゃるでしょうが、その多くは会社などの事務所などで使用されており、1日にかなりの部数を印刷します。そのため消耗品であるトナーのコストが下がるというのは、1日のコストが下がることに繋がり、かなりの経費削減になっています。そのためリサイクルトナーはかなりの人気を集めており、部品メーカーだけではなく、純正メーカーも販売を行っています。

Copyright © 2014 リサイクルトナーを使う All Rights Reserved.